menu

R makeup school

もどる

2019/08/6

☆メイク好きなら先ずは美容部員に

皆さん こんにちは。ここでは美容部員のお仕事について書かせていただきます。

日本では至る所で化粧品は売られ、その専門誌も毎月何冊も発売されるほど、メイク好きの方は多いのに、その仕事に就きたい方が少ないと思います。と言うのも、その職業の良さがあまりまだ知られていないと思います。

なかなか正社員にはなれなさそう、土日連休の休みも少なく、待遇もよくなさそうなど思われる方もいらっしゃいますが、それは一昔前までの古いイメージで、今はそうではないです。

実際、美容部員を長年している僕の友人やその仕事に就いてる卒業生からは、正社員になれる期間も短く、労働時間やお給料などの雇用条件も満足し、人間関係も前の職場よりもよく、もっと早く転職すべきだったとよく聞きます。

また僕が思う良い点は、お客様を直接きれいにメイクし、その方が喜ばれると、自分もとても嬉しくなれます。自分の好きなことを仕事にでき、直接お客様を喜ばさせることができる毎日は、充実感があり生き甲斐もそこで感じれると思います。

その上、この仕事は自分をどんどん磨いていけますお客様にメイクのことで頼ってもらうと、もっと技術や知識、センスも磨こうと思え、同時に自分の個性や外見も磨こうと思えます。 

僕もある店舗へよく行ってましたが、そこの新人の方がしばらくしたら、話し方や見た目も素敵な美容部員に育ってるのに何度も接しています。

自分は今後何をしていきたいかと目標がないまま、何かの仕事をするのも決して悪くないですが、せっかく自分はこれが好きと思えるものがあるなら、その仕事をしてみるのもいいと思います。

また、美容部員を数年経験した後のキャリアが不安だという方も、そのブランドの専属アーティスト(主に店頭イベントや撮影などを行う)や、トレーナーになったり、本社勤務での営業、宣伝などに携わる役職に異動したりと様々な道がありますので、その点もご心配ないと思います。

ですので、美容部員というお仕事は、メイクや美容がお好きな方でしたら僕はすごくお勧めです。その実情を多くの方に知っていただき、その仕事に就きたいと思う方が増えて、沢山の方をメイクでもって自信を持たせてあげたり、明るい気持ちになれるお手伝いができる方が増えたらいいなと思います。

当校は、現在何かお仕事をされている社会人の方や、大学や高校などの卒業者の方など来ていただいてます。1年、2年と毎日学校に通うのは時間的に、また経済的に難しい方や、すぐに就職、転職したい方などが通いやすいようにと、随時入学ができ、予約制で、かつ最小限の低価格の学費でさせていただいています。また器用さに自信がない方でも、多くても4人までの少人数制なので、きっちり習得し、技術レベルもしっかり上げていただけます。(全くの初心者の男性の方も、数ヶ月で化粧品会社に就職し現在も働いています。)

またなるべく早くメイクの仕事に就きたい方や、交通費などの負担が大きいので一先ず早く就職したい方など、全20コマを終えなくても就職できます。(ある一定レベルの技術及び知識を習得した後) そして、遠方の方で、近くに学校がない方など、短期間だけ関西に滞在し通学し、地元で就職することも可能です。

ぜひそういう将来のことやご不明点など、遠慮なく何でも聞いてください。

 

Ryota